2017年01月27日

オープンセミナー

1月24日、理容会館において全理連中央講師・倉田和俊先生を迎えて
サロンブランディング構築をテーマに講習していただきました。
本講習はオープンセミナーとして行いましたので、会員外からも多数ご参加いただきました。
RIMG0060.JPGRIMG0061.JPG
冒頭では倉田講師が幼少の頃の写真を見ながら、この業を志した経緯を語っていただきました。
早苗会のBBQやクリスマスパーティの写真では懐かしい写真もあり和やかな雰囲気の中進行しました。

倉田講師からはいくつかのキーワードをいただきました。

独自化…比べる基準である差別化に伴い、その店ならではの独自性を取り入れ、お客様に伝えていく。

決断する…決断して実行する。当たり前のことのようですが、倉田講師の言葉からはゆるがない決意を感じることができました。決めたことをやり抜く実行力に日本チャンピオンの片鱗をうかがいました。

理容道…早苗会、米倉先生の松下幸之助とのエピソードをお話しいただき、理容道という我々の生業(なりわい)に対するプライドを感じました。『守破離』の名のもと、志すものには弟子でなくとも指導を施す懐の広さは、業界全体の発展には必要不可欠でしょう。見習いたいところです。
RIMG0068.JPGRIMG0074.JPGRIMG0075.JPG

今回の講習の中で、倉田講師からは随所に『伝え方』というワードが発せられました。
自店の強み、使っている道具、シャンプー一つにしても、思いをお客様に伝える。
ストーリーとして伝えることに信頼と共にブランド力が高まるのではないのでしょうか。
今後の自店の方向性に非常に参考になる有意義な講習でした。

posted by 神奈川早苗会情報広報部 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178565084
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック